スーパーカマグラを服用するときの注意点

薬にはそれぞれに特徴があり、薬によって正しい飲み方が存在します。
皆さんはお薬を貰った時に、飲むタイミングや服用量を教えてもらいますよね。
正しく服用しないと、薬の効果が出なかったり副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

スーパーカマグラも、医薬品です。
正しい飲み方をすることで、効果がしっかり現れて副作用を回避できます。
服用する前に、注意してほしいポイントを3つ紹介します。

1.食後に飲まない
食後に服用すると、薬の効果が出にくくなってしまいます。
ED治療薬をのんでも効果が無かった…という方は、食後に服用している場合がほとんど。
2.グレープフルーツに注意する
グレープフルーツは薬の作用を高める効果があり、副作用が大きく出る可能性があります。
3.お酒と一緒に飲まない
アルコールは相性が悪いため、一緒に服用しないでください。

スーパーカマグラを服用する前に、上記のポイント3つに注意しましょう。

食後に飲んでも意味がない?スーパーカマグラ

スーパーカマグラの正しい服用タイミングは空腹時。
空腹時に服用することで、効果を最大限に発揮してくれます。

有効成分・シルデナフィルは、食事の影響を受けやすい成分。
食後に服用する場合と空腹時に服用する場合では、約2倍も薬の効き目が変わります。
せっかくのED改善作用が効かなくなっては、性行為をしても勃起できず本末転倒。
なるべく空腹時に服用して、しっかり成分を体に吸収させましょう。

スーパーカマグラは空腹時に服用

有効成分・シルデナフィルは、胃で溶けて腸で血液中に吸収されます。
脂っこい食事の後は、腸の壁に脂の膜が張っています。

シルデナフィルは、脂の壁を通り抜けることができません。
血液中に吸収されなかったシルデナフィルは、そのまま排泄されてしまいます。
食後に服用すると、せっかくのスーパーカマグラの効果が得られないのです。

特にフランス料理や中華料理、ステーキや焼き肉などは脂質を多く含んでいます。
食後6~7時間たっても腸には脂の膜が張っています。
スーパーカマグラやED治療薬を服用する日は、脂っこい物の摂取を避けましょう。

どうしても食後に飲む場合

性行為をする前に、パートナーとデートして食事をする機会が多いかと思います。
自分だけ食事をしないとなると、パートナーに気を使わせてしまうかもしれません。

どうしても食後に服用する場合は、蕎麦や寿司など脂が少ない和食を選びましょう。
腹6~7分目にし、食後2時間以上空けることで食べたものが消化されます。
その後スーパーカマグラを服用すれば、効果は得られやすくなります。

スーパーカマグラ+グレープフルーツに要注意

実はグレープフルーツは、ほとんどの薬と相性が悪い食材。
スーパーカマグラもグレープフルーツとは相性が悪いのです。

薬の吸収をコントロールする代謝分解酵素・CYP3A4。
吸収される成分を一定の量に分解or不活性化し、血液中に入る成分量も少なくなります。

スーパーカマグラを飲む際に、フラノクマリンが含まれる食材を摂るとCYP3A4の働きを抑制。
本来なら分解や不活性化される薬の成分が、血液中に入り込んでしまい成分の血中濃度が高まります。
薬の作用が高まり、副作用が強く出る可能性が高くなるのです。

フラノクマリンが含まれる食べ物
・グレープフルーツ
・ハッサク
・ブンタン
・夏ミカン
・セロリ
・パセリなど

フラノクマリンによって働けなくなったCYP3A4が生まれ変わるためには、24時間以上必要です。
スーパーカマグラを服用する予定が分かっている時は、2~3日前からフラノクマリンに注意しましょう。

スーパーカマグラとお酒は相性が悪い

スーパーカマグラの成分・ダポキセチンは、お酒と相性が悪い成分です。
アルコールとダポキセチンは、2つとも脳内物質のセロトニンやノルアドレナリンに作用する成分。
相乗効果でアルコールとダポキセチンが強く作用してしまい、普段アルコールを飲んでいる時には出ないような悪い酔い方をしてしまう可能性があります。
吐き気・大量の汗・頭痛・動悸などの症状が現れ、時には失神してしまうことも。
失神する際にうちどころが悪ければ、大事になってしまいます。

有効成分・シルデナフィルは、少量のお酒なら一緒に飲んでも大丈夫!とよく見かけますが、お酒を大量に飲み過ぎると、副作用が出やすくなってしまいます。
アルコールとシルデナフィルには、血管拡張作用があります。
一緒に服用すると陰茎だけではなく、脳内の血管も拡張し周辺にある神経を刺激。
ズキズキとした頭痛を引き起こす可能性があります。

スーパーカマグラを服用する時は、絶対に水で飲みましょう。


PAGE TOP